もしかしたら

SAO

魂は、旅をする。世界から世界へ。今生から、次の生へ。そして誰かを求める。強く、呼び合う。昔、空に浮かぶ大きな城で、剣士を夢見る少年と、料理が得意な少女が出会い、恋に落ちた。彼らはもういないけれど、その心は長い長い旅をして、ついに再び巡り合った。俺は、泣くじゃくるアスナの背をそっと撫でながら、涙で揺れる視線を窓の外に向けた。一際勢いを増して舞い散る雪の向こうに、寄り添って立つふたつの人影が見えた気がした。背に二本の剣を背負った、黒いコートの姿の少年。腰に銀の細剣を吊った、白地に赤の騎士装の少女。二人は微笑み、手を繋ぐと、振り向いてゆっくりと遠ざかっていった。

ソードアート・オンライン』で屈指の名文ですね。

ゴールデンタイム

その時ふと、誰かに名前を呼ばれた気がした。振り返る。まるで鏡合わせのように、こちらを見ている顔がある。あれ? と覗き込み、近づいて、俺は思わず手を伸ばした。

 

AIR』少年と少女

彼らには、過酷な日々を。

そして僕らには始まりを。

f:id:hasegawaryouta1993420:20170629221646p:plain

f:id:hasegawaryouta1993420:20170629221658p:plain

f:id:hasegawaryouta1993420:20170629221708p:plain

f:id:hasegawaryouta1993420:20170629221717p:plain

広告を非表示にする