長谷川 亮太の公式ブログ

――長谷川亮太の今。

WOL

特殊な事情でスマ・ホンからパソ・コンを起動できるようにしました。

google home があれば音声コンピューティングで起動できそうですね。

パソ・コン側とスマ・ホン側で2、3点ほど設定が必要です。

まずはパソコンから。

Win + r で、control と打ちます。

「電源オプション」から「電源ボタンの動作を選択する」を選びます。

「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

「シャットダウン設定」の項目にある「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外します。

続いて、「デバイスマネージャー」から「ネットワークアダプター」を開きます。

詳細設定のタブから、「Wake on Link 設定」を「強制」に、「Wake On Magic Packet」を有効、「PMEをオンにする」を有効にします。

 

パソコンをシャットダウンし、起動させ、UEFI などに飛びます。

ネットワークスタックを有効にし、IPv4によるネットワークブート、IPv6によるネットワークブートを有効にします。

変更して退出します。

 

スマ・ホンを手にとり、リモッチなどをインストールします。

リモッチを起動します。

パソとコン側でwin + r でcmd と入力。

ipconfig /allと入力します。

リモッチの手動登録から、名称を適当に決め、IPアドレスを入力します。

MACアドレスは、物理アドレス(Physical Address)と書いてるアドレスを入力します。

登録します。

接続テストでpingが通っていることを確認すれば完了です。

これで、わざわざ机まで移動しなくても、寝ながらにしてパソコンが起動できるようになりました。

よかったですね。