長谷川 亮太の公式ブログ

――長谷川亮太の今。

Level is just a number. The strength we gain here is only an illusion, Silica.  

アメリカ語版SAOの文面です。

偏差値30の俺っちでも読めそうな気がしますが読めません。

16.5話の英語版? メルカリに売ってるんじゃないかな。

「レベルなんてただの数字だよ。

この世界での強さは単なる幻想に過ぎない。

そんなものよりもっと大事なものがある。

だから、次は現実世界で会おう。

そうしたら、また同じように友達になれるよ」

Level is just a number. The strength we gain here is only an illusion, Silica.

There are Things much more important to be found.

The next time we meet, it'll be in the real world.

We can be freinds again there. 

twitter.com

f:id:hasegawaryouta1993420:20180415184537j:plain

 

僭越ながら、偏差値30の俺っちが皆さんにアメリカ語の指導をしたいと思います。

freedom と liberty との違いについてです。

 

リバティは戦いの果てに勝ち取った自由という意味で、

フリーダムは自然発生した自由という意味です。

つまり、フリーダムは自然的で、リバティは人工的な自由になります。

 

次に the と a の使いわけです。

皆がすでに知っているものは、 the, 知らないものは a がつきます。

これはFランク大学で教鞭をとっているドイツ語の講師が言っていました。

 

最後に reject と refuse の違いです。

rejectの方が強い拒絶を表し、プライオリティが高いです。

 

神の視点も英文ならこのとおり。

魂は、旅をする。世界から世界へ。

今生から、次の生へ。

そして誰かを求める。強く、呼び合う。昔、空に浮かぶ大きな城で、剣士を夢見る少年と、料理が得意な少女が出会い、恋に落ちた。

彼らはもういないけれど、その心は長い長い旅をして、ついに再び巡り合った。

俺は、泣きじゃくるアスナの背をそっと撫でながら、涙で揺れる視線を窓の外に向けた。

一際勢いを増して舞い散る雪の向こうに、寄り添って立つふたつの人影が見えた気がした。

背に二本の剣を背負った、黒いコート姿の少年。

腰に銀の細剣を吊った、白地に赤の騎士装の少女。

二人は微笑み、手を繋ぐと、振り向いてゆっくりと遠ざかっていった。

The soul travels.

From world to world. From this life to the next.
And it seeks others. Calls out.
Long ago, in a big castle floating in the clouds, a boy who dreamed of being a warrior and a girl who loved to cook met and fell in love.

Those two are gone, but after a long, long journey, their hearts met again.
I gently rubbed Asuna's back as she sobbed, watching out the window with tear-blurred eyes.

Beyond the falling snow, which was coming down harder than before, I thought I saw two silhouettes standing together.
A boy in a black coat, with two swords crossed over his back.

A girl in a knight's uniform, red on white, with a silver rapier at her waist. They smiled, held hands, and walked off into the distance.

…………いや。

そうとは限らない。

あの世界――アインクラッドには、取り返しのつかない喪失というものが確かに存在した。

浮遊城での二年間に明日奈が触れ、感じ、得て、そして失った全ては紛れ もなく、《本物》だった。

であるならば。

「.........現実世界と、仮想世界の違い......って何なのかな............」

無意識のうちに呟いた、その問いに――。

「情報量の多寡だけさ」

と、すぐ隣から答えが返って、明日奈は軽く跳び上がった。

…No.
That was not necessarily the case. In Aincrad, there had been loss, unrecoverable and permanent.

The things that Asuna had touched, felt, gained, and lost in those two years in the virtual castle were undoubtedly real.
But if that was the case…


“…What is the difference between the real world…and the virtual world…?”

she mumbled to herself.


“Only the amount of information,”

came the answer from right next to her. She jumped up with a start.

 この家も、いつかは再び消滅する時がくるだろう。

でも、真の意味では決して失われない。

なぜなら、家とは入れ物の形ではなく、祖父、祖母が抱き続けていたような、心、気持ち、 生き方そのものを指す言葉だからだ。

 

「―― わたし、昔は、お祖父ちゃんの言葉の意味が全部は解らなかった。

でも、最近になって、 ようやく解ってきた気がするんだ。

自分のために走り続けるのだけが人生じゃない……

誰かの幸せを、自分の幸せだと思えるような、そういう生き方だってあるんだ、って」

This home, too, would probably be obliterated someday.

But in the truest sense, it would never be lost. A home wasn’t a place to hold things, it was a word referring to the heart, feelings, way of life—the way that her grandparents had done.

 

“Back then, I didn’t understand all of what he said. But recently, I feel like it finally makes sense to me.

Running and running for your own sake isn’t all there is to life…

There must be a way of life that can make someone else’s happiness into your own happiness.”

 「......わたし、周りの人たちみんなを笑顔にできるような、そんな生き方をしたい。

疲れた人をいつでも支えてあげられるような、そんな生き方をしてみたい。

そのために今は大好きなあの学校で、勉強や色々なことを頑張りたいの」

“I want to lead a life where I keep smiles on the faces of everyone around me.

I want to lead a life where I can support those who are tired.

And to do that, I want to strive for my best with studies and everything else at that special school I love so much,”

「わたし......わたしは、必ず、もう一度あなたと出会う。

どこか違う場所、違う世界で、絶対 にまた巡り合うから.........

その時に、教えてね.........ユウキが、見つけたものを.........」

“I…I promise that I will see you again. In a different place, in a different world, I will come across you again…And when I do…you can tell me what you found…”

ニューロンニューロンの隙間、つまりシナプスに、伝達物質を放出させるトリガーにすぎない。

あるルートに沿って脳細胞が連続発火するという、その現象だけをもって心の本質であるとは言えないんじゃないかな」  

“a trigger that releases a transmission substance into the synapses between neurons. Just the consecutive firing of cells along a particular route can’t be called the essence of the mind, I think.”

人の魂とは、脳細胞の微小構造中に封じ込められた光量子だ、と和人は言った。

その光は、もしかしたら脳だけでなく、全身のあらゆる細胞に存在するのではないだろうか。

揺らめく光 の粒たちが作り出す人の形をした量子場が、いま互いの掌で接続している。

体温を感じるというのは、つまりそういうことなのかもしれない。

明日奈はそっと瞼を閉じ、心の中で囁いた。

――ほら、大丈夫だよ、キリト君。いつだって、わたしはあなたの背中を守ってる。

わたしたちは、世界最高のフォワードとバックアップなんだから。

Kazuto had just said the human soul was photons trapped in the microtubules of brain cells.

Could that light exist not just in the brain but throughout all the cells in the body?

A quantum field made from fluctuating motes of light in the shape of a human being, connected through their palms…

Perhaps that was what she was truly feeling when she felt his body temperature.
Asuna closed her eyes and said a silent reassurance.
It will be all right, Kirito. I will always be watching your back.

We’re the greatest forward and backup in the world.